*

私はアベノミクスという言葉に誘われよく知ら

私はアベノミクスという言葉に誘われ、よく知らないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。はじめはまったく儲からず、損失でヒーヒー言っていたのですが、今は経済が良くなったのか、私の腕があがったのか得をするように結果が出てきました。円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落していることを言うのです。円安になりましたら株が上がりやすくなっています。輸入により商売をしている企業の場合には輸入コストがかさんでしまって収益減となりますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。株を持っている場合、自らの資金への利回りを意識するんじゃないかと思います。銀行に預けた場合にもあまり利息がつかない現在では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、利回りというものがよくなくては投資を行う意味がありません。十分に利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。皆そうだと思いますが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの見方が、わからなかったんです。現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」という見方があり、それを判断材料として使っています。しかし、今でもたまに間違えてしまう時もあります。株を初めたばかりの人は売り払うときを逃してしまうことがあります。誰でも人間は欲があるので、「もうちょっと高くなってから」と期待しているうちに、株価が暴落してしまいます。利益をきちんと確定させなければ利益にはならないことを念頭にして自分なりの売り方を検討してみると上手く利益が出るかもしれません。投資の初心者が株式投資を始めたいと決心したときは、なるべく安全な資産管理の方法を考えることが必要です。いきなり個別の株に投資するよりも、初めはファンドなどから取引を開始した方がよいかもしれません。それから、少し取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式の取引を行うとよいでしょう。株式投資を行う場合は、いくら価格の変動がはげしいからといっても、出来高が小さい小型株式を購入することは、ベストとは言えません。理由を説明すると、普段から売買高の少ない株式は投資した株式が売却したい値で売れないからです。株式投資の初心者の方が、決算書をまず読もうと思っても、書いてある情報がまったく理解できないかもしれません。けれども、心配しなくていいです。株式投資の手法を、短期売買に限定すれば決算書を理解しなくても儲けられるからです。株式投資に関する本を何冊も読んで勉強した上で、株式投資の初心者が投資を開始する場合、スイングトレードと命名された投資法をチョイスする人も大量に存在するでしょう。スイングトレードは儲かる時には大きな利益を得られるので、かなり人気がある投資方法です。もちろん、いつでも利益が得られるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。ほぼ初めて株を買うものはその買い方がわからないものでしょう。証券会社社員から相談に乗ってもらったり、株式売買をしている知り合いに話を聞いてもらうなどして、数式の買い方を指導してもらうと良いでしょう。また、デモトレードを利用して、挑戦してみるのも選択肢の一つかもしれません。キレイモ 神奈川


コメントする